詳細検索

検索対象

matomeHub(まとめハブ)

マグリット 1898年11月21日 -1967年8月15日

マグリットはベルギーの画家

マグリットの作品においては事物の形象はきわめて明確に表現され、筆触をほとんど残さない古典的ともいえる描法で丁寧な仕上げがほどこされている。

しかし、その画面に表現されているのは、空中に浮かぶ岩、鳥の形に切り抜かれた空、指の生えた靴といった不可思議なイメージであり、それらの絵に付けられた不可思議な題名ともども、絵の前に立つ者を戸惑わせ、考え込ませずにはいられない。

マグリットの絵画は、画家自身の言葉によれば、「目に見える思考」であり、世界が本来持っている神秘(不思議)を描かれたイメージとして提示したものである

出典:Wikipedia

生活の術

マグリッドはこんな人だった

マグリットの生涯は、波乱や奇行とは無縁の平凡なものであった。ブリュッセルでは客間、寝室、食堂、台所からなる、日本式に言えば3LDKのつましいアパートに暮らし、幼なじみの妻と生涯連れ添い、ポメラニアン犬を飼い、待ち合わせの時間には遅れずに現われ、夜10時には就寝するという、どこまでも典型的な小市民であった。

残されているマグリットの写真は、常にスーツにネクタイ姿で、実際にこの服装で絵を描いていたといい、「平凡な小市民」を意識して演じていたふしもある。

出典:Wikipedia

幼馴染と結ばれたリア充だった

人の子

マグリット本人を描いた絵?

「この人物の顔はリンゴで隠れている。私たちの見ているものは、いつもその背後に何かを隠している。私たちは、いつも隠れているものに興味を持ち、それを見たいと思うものだ」とマグリットは言っています。

出典:ノラの絵画の時間

世界大戦

幼馴染の妻だろうか?

これはリンゴではない

「リンゴの絵は本物のリンゴではなく、所詮絵である」

出典:【遙かなる視線blog】

大家族

Twitterのマーク?

恋人たち

1912年、マグリットが13歳の時、母親が行方不明になりました。

 二週間後、数マイル離れたサンブル川の河川敷で母親の遺体が発見されました。入水自殺でした。
母親はナイトガウンを着ていましたが、川に流されているうちに脱げてしまい、身体は裸でした。一方、脱げたナイトガウンは、首に絡みつき、顔を覆い隠していました。

 幼い頃見たこのショッキングな光景は、マグリットの心に焼きつき、これらの絵のアイデアの源泉になっていると言われています。

出典:ノラの絵画の時間

光の帝国

白紙委任状

La LaMPE Philosophique

ピレネーの城

傑作もしくは地平線の神秘

ゴッホ 1853年3月30日 - 1890年7月29日

自画像

フィンセント・ウィレム・ファン・ゴッホは、オランダのポスト印象派の画家。

主要作品の多くは1886年以降のフランス居住時代、特にアルル時代とサン=レミでの療養時代に制作された。

感情の率直な表現、大胆な色使いで知られ、ポスト印象派を代表する画家である。

出典:Wikipedia

宿題をあまりしない面もあった

ゴッホはほとんど宿題をしなかったそうだ。

ゴッホは聖職者になるためにアムステルダムで神学を学んだが、代数やラテン語、ギリシャ語などの授業も受けねばならなかった。

しかし、メーデンドーフ氏によれば、こういった神学に直接関係のない学問は聖職者になるために必要ないとゴッホは考え、あまり一生懸命取り組まなかったようだ。

出典:The Huffington Post

宿題の代わりに花を提出!

お金がなかったゴッホは墓地で花を盗んで、宿題の代わりに提出しようしたらしい。これは「ゴッホの弱い一面を示している」とメーデンドーフ氏は話している。

出典:The Huffington Post

ゴッホはこうやって女性を口説き落とした

1 2
  • Pinterest
  • follow us in feedly