詳細検索

検索対象

matomeHub(まとめハブ)
【これはひどい!】ポ…

【これはひどい!】ポケモンGOで人の家に侵入した少年が射殺される

アメリカに行った時は住宅地に近づかないようにしよう

更新日: 2020年10月26日

事件が起こった場所はアメリカ

・18歳のJerson Lopez de Leon君は、従兄弟の17歳であるDaniel Moises Picen君と『ポケモンGO』を楽しんでいた

・ポケモンを捕獲をしようとして家に侵入した後、二人は銃撃を受けた

出典:2ちゃんねる

4. この話題に反応する名無しさん

ポケモンGOで人の家の敷地入って射殺されるとかもうあかんやろこれ

出典:2ちゃんねる

8. この話題に反応する名無しさん

こわすぎない??私は日本でやって欲しくない……

出典:2ちゃんねる

なぜ事件は起こったのか?

無断で私有地に入ったため
アメリカでは勝手に人の庭に入ると射殺される事件がよくあります
日本では不法侵入として扱われ厳重注意で済みます

過去に起きた射殺事件【アメリカに留学中の日本の高校生が「フリーズ」が分からず射殺】

1992年10月17日夜の8時半、ルイジアナ州バトンルージュに交換留学 (AFS)を通じて留学していた愛知県立旭丘高等学校3年生の、服部剛丈(はっとり よしひろ、1975年11月22日生まれ、当時16歳)が、ハロウィンの衣装を着用し[1]、寄宿先のホストブラザーのヘイメーカーとともにハロウィンのパーティに出かけた。

しかし、訪問しようとした家と間違えてロドニー・ピアーズ家の敷地に足を踏み入れてしまった。ピアーズの妻は敷地内に侵入してきた変装した二人の男を発見し驚き、急いで屋内に逃げ込みドアのカギを閉め、夫に銃を持ってくるように叫んだ[2]。ピァーズの証言によれば、「このときヨシ(服部剛丈)はドアを激しく蹴り、罵声を発したとされる[3]。


妻の叫びを聞いて夫のピアーズ(当時30歳)は護身用のスミス&ウェッソン社製の.44マグナム(機種は不明)を持ち出し、二人を不法侵入者と判断し銃を向けて、「フリーズ(Freeze「動くな」の意)」と警告した[3]。

出典:ウィキペディア

これに対し服部は誤解を晴らすために[4]「パーティに来たんです (We're here for the party.)」と微笑みながら片言の英語で説明したものの、警告を受けた場合の米国での対処のルールを知らず、立ち止まらずそのままピアーズの方に歩み続けた[5]。これに対してピアーズは服部に対して4回「ストップ (Stop!)」と叫んだとしている[3]。このとき米国人のヘイメーカーは状況が極めて危険であることが理解できたので、服部に大声で動かないように注意している。


ピアーズの側は、暗闇の中、自宅の敷地に侵入してきたハロウィンの服装をした男が、銃口を向けられ、警告を受けてもまったくそれに動ぜず、なお自分のほうに凶器[6]を手にして速度を緩めず近づいてくるのを見て非常に驚き恐怖を感じた[3]。そして男が玄関先約2.5mの近距離まで近づいてきたので威嚇射撃をする余裕もなくで彼の胸部に向けて拳銃を発砲した[7]。


弾丸は服部の左肺の上部と下部を貫き、第7肋骨のあたりから抜け出た。救急車が呼ばれたが、服部は出血多量により、車中で息絶えた

出典:ウィキペディア

1
  • Pinterest
  • follow us in feedly