詳細検索

検索対象

matomeHub(まとめハブ)

▼1986年4月7日 当時、若手ナンバーワンとされていた萩原 光が事故死

あるレーサーの死 萩…

萩原 光(はぎわら あきら、1956年7月21日 - 1986年4月7日)は、レーシングドライバー。神奈川県小田原市出身。星野一義の弟子。

出典:萩原光 - Wikipedia

4月7日にレイトンハウスのメルセデス・ベンツ 190E 2.3-16のテスト走行中、スポーツランド菅生(当時)の2コーナーでコースアウトしクラッシュ。マシンは炎上し、そのまま息を引き取った。享年29。

出典:萩原光 - Wikipedia

あるレーサーの死 萩…

あるレーサーの死 萩…

▼富士フレッシュマンレースで頭角を現しF3、FP、F2とステップアップ

あるレーサーの死 萩…

1977年7月に富士1000kmでレースデビュー。1981年、全日本F3選手権シリーズ2位。

翌1982年には全日本フォーミュラ・パシフィックに参戦し、同年秋、全日本F2選手権デビュー。

1983年から世界耐久選手権(WEC)や全日本ツーリングカー選手権(JTC、1985年から参戦)、全日本耐久選手権(当時)などのレースにて活躍。

出典:萩原光 - Wikipedia

▼1986年シーズンはレイトンハウスレーシングチームのナンバー1ドライバーとして活躍が期待されていた

あるレーサーの死 萩…

あるレーサーの死 萩…

あるレーサーの死 萩…

あるレーサーの死 萩…

グループCカーによる耐久レースにはニスモから出場するはずだった
6月のルマン24時間にもドライバーとして予定されていた

あるレーサーの死 萩…

86年のルマンでの萩原の代役は鈴木亜久里だった
鈴木亜久里はその後F1にまで登り詰める

あるレーサーの死 萩…

▼悲劇の始まりは前日の鈴鹿500kmから始まっていた

あるレーサーの死 萩…

日産のニューマシン「R86V」でレース出場だったのだが、決勝日朝のフリー走行でマシンは走行開始後直ぐに炎に包まれてしまい、この時は難無く無事に脱出出来たのだが・・・。

出典:「1986年4月7日・・・」ナインテックのブログ | ナインテックのページ - みんカラ

本来ならば、このテストには参加せず、4月6日に開催された全日本耐久選手権の開幕戦 鈴鹿500kmレース決勝に出走、翌7日は移動日のはずであった。

しかし、鈴鹿で乗る予定だったニッサンR86Vがフリー走行中に出火し、参戦が不能となった。

ここでスケジュールを変更し、ベンツ190Eのテスト走行のため、急遽菅生に向かったことがこの悲劇につながってしまった。

出典:萩原光 - Wikipedia

▼1986年4月7日・・・・一体何が起こったのか?

あるレーサーの死 萩…

グループA第1戦(西日本サーキット)でスカイラインとデッドヒートを演じてくれた本番車と、4月5日に購入したばかりのニューカー、MB190-2・3が並んでいる。
「どっちに乗るんだ?」
 ぼくが訊くのに、光はすかさず、答えた。
「本番車でたのみます」

出典:「『風になったプリンス』への鎮魂の1冊」正岡貞雄のブログ | 正岡貞雄のページ - みんカラ

彼はチームのファーストドライバーだ。ニューカーのテストは「当然、ぼくの仕事です」と、その目が語っている。
「よっしゃ」
 ぼくはMBに乗りこむと、先にコースに出た。7、8周したろうか……。59秒台が出たのでいったんピットインすることにした。スプリングとギアのレシオがいまいちでもあったから。

 その間、光は走っていた。聞くところによると、彼は一度ピットインしたらしい。

 だが、その走りっぷりは攻撃的で、しかも、繊細。ニューカーとの入念な対話がうかがえて、テスターとしても満点だ。

《本番車》の調整のために、メカニックが部品を探している。

 レイトンハウスの赤城社長が「部品が届くまで乗ってきたい」という。ギア比の問題点をちょっぴりレクチュアして、ぼくは赤城社長の乗る《本番車》をピットから送り出した。

出典:「『風になったプリンス』への鎮魂の1冊」正岡貞雄のブログ | 正岡貞雄のページ - みんカラ

コースでは光のMBとトッペイちゃん(都平)のスカイラインがテール・トゥ・ノーズで周回している。快調に飛ばしている。

「やるじゃないか」と、ぼくは思わずニンマリとしたものだ。

 光のタイムが上がってきた。トッペイちゃんのスカイラインを引き離していく。

出典:「『風になったプリンス』への鎮魂の1冊」正岡貞雄のブログ | 正岡貞雄のページ - みんカラ

突然、サーキットからエクゾーストノートが消えた。しかも、全車とも戻ってこない。

おかしいなあ……ピットで誰かれとなく、つぶやきはじめたとき、コースの管理者がすっ飛んできて叫んだ。

「誰か、赤旗を降ってくれ! たのみましたよ!」

 と、消火器をもって彼もピットを飛び出していった。

メカニックの若者が赤旗をもってコースにでたもののそれはなんの意味もなかった。1車たりとも戻ってこないのだから……。クラッシュだな、いったい、誰だろう――。

 レイトンカラーの16番が全開でピットロードを突進してきた。赤城社長が運転する《本番車》だ。

「消火器! 消火器を出してくれ! 光らしい。光みたいだ」

 クソ! ちっぽけな台所用の消火器しかない。ぼくとメカニックはMB16番に飛び乗って《現場》に飛んだ。

 すごい風だ。吹き荒んでいる。

 火が舞い上がる。もう、恐ろしいほどの火だ。クルマの中の黒い陰影、あれが光なのかっ!
 はやく! はやく火を消せ!

――ところが、消火器程度で消えるシロモノじゃない。まったく、手がつけられない状態である。光を包みこんだ炎が風にあおられて、右へ、左へ!

出典:「『風になったプリンス』への鎮魂の1冊」正岡貞雄のブログ | 正岡貞雄のページ - みんカラ

……30分ほど経過しただろうか。やっと鎮火した。火は消えたが、光は、サーキットの風になった。

 つい先刻まで、満開の桜のように輝いていた青年が、炭化して、真っ黒な物体に変っている。

狂ったような炎に包まれて光は悲鳴ひとつあげることもできず、コクピットの中で、孤独な最期を迎え、あげく、無残な遺体になった。

出典:「『風になったプリンス』への鎮魂の1冊」正岡貞雄のブログ | 正岡貞雄のページ - みんカラ

▼あれだけのクラッシュにサーキットには家庭用の消火器しかなかった とても太刀打ちできなかった・・・・

1 2
  • Pinterest
  • follow us in feedly